ジェットスターの予約はいつからできる?

ジェットスターは、「予約は○○日前から行うことができます」といったものを定めていないようです。私が、ホームページで情報収集してみても、確認をすることができませんでした。

しかし、実際に予約画面から日程を検索してみると、2016年10月10日の時点で、2017年11月14日までの予約をすることが可能でした。つまり、1年以上後の航空券の予約ができるということです。

ちなみに、多くの航空会社の予約開始日は、出発日の2ヶ月前のようです。つまり、2016年10月10日の飛行機予約をしたい場合、2016年8月10日から予約をすることができます。新幹線や電車の指定席は、1ヶ月前からしか購入できないのが一般的ですからね。
そのように考えると、ジェットスターの予約は1年以上前から行うことができるため、かなり早い分類に入るのではないでしょうか。

お盆期間、年末年始、夏休み期間は、交通機関が特に混雑する時期です。これらの時期に、飛行機に乗ろうとする場合、やはり予約する時期が大切になってきます。満席になってしまう前に、予約をしなければいけないため、けっこう焦るものですよ。

私もよくお盆時期に飛行機を利用するのですが、2ヶ月前からしか予約ができないんですよね。予約開始当日に売り切れるということはあまりないのですが、絶対に手に入れたい航空券ですので、予約開始当日のうちに手に入れようようといつも頑張っています。
それに比べると、ジェットスターの予約は、1年以上前からできるのです。お盆休みが終わった頃には、来年のお盆の飛行機の予約ができるんです。これは、ありがたいですよ。焦らなくていいというのが、けっこう生活のゆとりに効いてくるものです。

帰省のほかに、旅行などで格安航空会社のジェットスターを活用する方もいるとおもいます。格安航空であり、日本各地へフライトしているため、観光地への移動手段としても最適です。せっかく休みを取って旅行に行くのです。航空券は確実に手に入れたいですよね。仕事が忙しいと、航空券を予約する時間がなかなか取れないものです。あっという間に旅行まであと数日。

いざ、航空券を予約しようとしたら、もう満席だったという状況にもなりかねません。
ジェットスターは1年前から予約ができるのです。
ぜひ、その素晴らしさを有効活用して、なるべく早めに格安航空会社のジェットスターの航空券を予約したいものです。

ジェットスターの予約 キャンセルには手数料が・・・

ジェットスターは、乗りたい飛行機出発日の、1年以上前から予約をすることができます。他の航空会社を利用する場合、2ヶ月前からしか予約ができないことが一般的です。そのため、他の航空会社とジェットスターを比較してみると、ジェットスターの予約開始日はかなり早いということがわかります。

しかし、早く予約ができるからこそ、気をつけなければいけない点も出てきます。それが、早く予約をしてしまったがために、予定が狂ってキャンセルをしてしまったときです。予約をしておいて、早くチケットを購入したはいいけれど、予定が狂ってしまい飛行機に乗れなくなってしまっては、余計に出費が発生してしまいます。特に、予約した日が早ければ早いほど、予定は把握し辛くなってしまうものですので、注意をしておきましょう。

と言うのも、ジェットスター飛行機の航空券を購入した後、乗れなくなって払い戻しを行う場合、手数料がかかってしまいます。数ヶ月後の旅行に行くために、ジェットスターの航空券を購入したとします。その購入した航空券の飛行機をキャンセルする場合、払戻手数量として3,000円程度がかかってしまうのです。数百円ならまだしも、千円単位でかかってしまいます。とても、もったいないですよね。

確かに、飛行機の予約をしたときは、乗るつもりでいたから、予約をしたのでしょう。航空券を購入するときだって、乗る予定でいるから、運賃として数千円から数万円を支払ったはずです。

それが、偶然にも新しい予定が入ってしまい、飛行機に乗れなくなってしまったのに、その航空券を払い戻す手数料として、3,000円程度の支払いが生じてしまうのです。
ちなみに、払戻手数量3,000円程度と言うのは国内線の場合で、国際線であるともう少し払戻手数量が生じるようです。
乗らない飛行機のために、数千円も支払うのは、バカバカしいですよ。そうならないためにも、極力キャンセルにならないように、スケジューリングをしておくことが大切でしょう。また、予約をした後に、購入期限まで時間があるときは、焦って購入する必要はありません。きちんと自分の予定を確信したうえで、航空券の料金を支払えば、キャンセルしなければいけないという状況は免れることができるのではないでしょうか。

ジェットスター 予約変更時の手数料にも注意

ジェットスター飛行機の航空券を予約後、予約を変更することもできます。例えば、帰省をするために、ジェットスター飛行機の航空券を購入したとしましょう。しかし、少し仕事が入ってしまい、帰省する日を1日遅らせるような状況もあるかと思います。そのようなときには、予約を変更することができますので、安心してください。もちろん、「1便後の飛行機に予約変更」なども、行うことができます。

たまに、予約変更が出来ないと、勘違いしている人がいるようです。せっかく購入した乗るはずだった飛行機をキャンセルして、新しく航空券を買うしかないようにも思えますが、きちんと予約変更手続きを行えば、「航空券をキャンセルする」「新しい航空券を買う」といった作業はいらないのです。

しかし、「予約を変更することができる」と言っても、適当に予約をしておくのはお勧めできません。予約変更には手数料がかかります。この手数料が、3,000円程度かかってしまうのです。

少し仕事が忙しいせいで、1便飛行機を遅らせるだけで、3,000円という費用が余分にかかってしまいます。そのため、できるだけ予約変更はしないようにしなければいけません。
以前私も、「どうせ予約変更できるから、乗れるかわからないけれど航空券を買ってしまえ」と、予定が曖昧の状態で、航空券を購入してしまったことがあります。しかし案の定、購入した乗る予定だった飛行機は乗れなくなってしまい、2便ほど遅らせたことがあります。もちろん、手数料として3,000円程度の出費が生じてしまいました。「きちんと予定を把握したうえで買っておけば無駄な出費は免れた」と勉強になった出来事でした。

ジェットスターは、主に国内各地を結ぶ、格安航空会社です。国際線も扱っており、こちらも格安価格で結んでいます。
帰省時の交通手段としてではなく、国内旅行や海外旅行に行くにも、大変便利な航空会社です。また、ビジネスとして活用する方も多いようで、出張時などには特に重宝されているようです。

上手く使えば、かなりの節約が実現できるほど、運賃は安いと定評があります。だからこそ、予約変更時に生じる手数料なども極力避けたいのです。特に、ビジネスで使う場合、予定が変わりやすく、予約変更をしなければいけない場面も出てきやすいです。
予約後に航空券を購入するまでに猶予がある場合もありますので、なるべく飛行機に乗れる予定を確立してから、購入をしたいものですね。

ジェットスターの魅力とは!?

ジェットスター飛行機の魅力は、何と言っても『格安料金』というところにあるでしょう。ジェットスター飛行機は、国内線、国際線ともに活発にフライトをしています。
国際線は、アジア圏、オセアニア圏(オーストラリア,ニュージーランド)へのフライトが、特に活発ですよ。
格安航空と聞くと、乗り継ぎを要しないと目的地まで辿り着くことができなかったり、便が少なかったりと、デメリットなイメージも根強いものです。

しかし、ジェットスター飛行機であれば、日本国内の主要空港を拠点にしている他、国際線もかなりの便が飛び立っています。
もちろん、日本三大都市である、東京、名古屋、大阪の空港へも乗り入れていますよ。東京は成田空港、名古屋は中部国際空港(セントレア)、大阪は関西国際空港と、主要空港に乗り入れており、頻度も多く飛行機が飛び立っています。

また、ジェットスターの国内線は、日本の都市部だけを結んでいるわけではありません。何となく、格安航空は、お金をかけることのできない出張という感じもして、なかなか国内旅行というイメージもありません。

しかし、ジェットスター飛行機は、東京,名古屋,大阪のみならず、多くの観光都市空港へもフライトをしています。その代表例が、札幌(新千歳空港),沖縄(那覇空港)でしょう。ジェットスター飛行機は、札幌や沖縄など、観光スポットへも頻繁にフライトさせているのです。
ビジネスや帰省のみならず、観光地への交通手段としても使うことのできる、ジェットスター飛行機。電車で行くよりも、時間価格ともに効率的に移動をすることができますよ。

もちろん、ジェットスターは、国際線も充実しています。格安料金で海外に行く場合、乗り継ぎを要することもあります。そうなってしまうと、総移動時間は10時間移動にも及び、格安航空会社を敬遠する理由にもなってしまいます。さすがに、移動に10時間もかかるのは、辛いものです。往復で20時間を要してしまうわけですからね。「だったら高いお金を支払っても一般航空会社で旅行に行くよ」と言いたくなるものです。

一方、ジェットスターを利用すれば、乗り継ぎなしで目的地まで行くことができます。もちろん、運賃は格安価格となっていますよ。「格安価格で目的地まで直行で行ける」ことが、ジェットスター飛行機国際線の、魅力なのではないでしょうか。

まとめ

ジェットスター飛行機の予約開始日は、定められていません。しかし、インターネット上からは、1年以上後にフライトする飛行機の予約をすることができます。そのため、ジェットスター飛行機は、1年前ほどまえから予約ができると言うことができます。

一般的な航空会社の飛行機を予約する場合、約2ヶ月前からしか予約をすることができないことが多いようです。そのため、ジェットスターの予約開始日は、他社に比べてとても早いということがわかります。

特に、帰省ラッシュの時期の航空券を手に入れるには、早いうちから手に入れていたいものです。その点、ジェットスター飛行機の予約は、1年も前から予約ができるわけですから、とても重宝できるのではないでしょうか。
もちろん、ビジネスの出張や、旅行などに行く場合でも、早く予約をしておいたほうが確実でしょう。ぜひ、ジェットスター飛行機の早く予約できる点を、有効活用してください。

しかし、予約を早くすることができるからこそ、注意しなければいけない点もあります。それが、「早く予約したがために、予定が狂ってしまい、飛行機に乗れなくなってしまった」ということです。せっかく、早く航空券を購入して、安心することができても、その飛行機に乗れなかったら悲しいものです。
もちろん、キャンセルをすることができ、払い戻しを行うことができます。しかし、この払い戻しの際には、手数料が発生します。この払い戻しの際の手数料が、約3,000円もかかってしまうのです。

せっかく航空券を購入しても、その飛行機に乗れないがために、3,000円余計にかかってしまう。できれば避けたい状況です。
早めに予約をするときは、極力キャンセルをしないように、スケジュールの把握などを心掛けておく必要があるでしょう。

また、乗る飛行機を変更する場合は、変更の手続きを行うことで、変更をすることができます。キャンセルをする必要はありません。

せっかく購入したジェットスター飛行機の航空券。仕事などが忙しくて、1便遅らせたり、日程を変更しなければいけない場面も出てくるでしょう。そのようなときには、変更手続きを行うようにしましょう。
しかし、変更手続きにも手数料として、約3,000円がかかります。変更するだけでも、約3,000円の出費がかさんでしまうので、できるだけ変更せずにしたいものです。