ジェットスターの予約 キャンセルには手数料が・・・

ジェットスターは、乗りたい飛行機出発日の、1年以上前から予約をすることができます。他の航空会社を利用する場合、2ヶ月前からしか予約ができないことが一般的です。そのため、他の航空会社とジェットスターを比較してみると、ジェットスターの予約開始日はかなり早いということがわかります。

しかし、早く予約ができるからこそ、気をつけなければいけない点も出てきます。それが、早く予約をしてしまったがために、予定が狂ってキャンセルをしてしまったときです。予約をしておいて、早くチケットを購入したはいいけれど、予定が狂ってしまい飛行機に乗れなくなってしまっては、余計に出費が発生してしまいます。特に、予約した日が早ければ早いほど、予定は把握し辛くなってしまうものですので、注意をしておきましょう。

と言うのも、ジェットスター飛行機の航空券を購入した後、乗れなくなって払い戻しを行う場合、手数料がかかってしまいます。数ヶ月後の旅行に行くために、ジェットスターの航空券を購入したとします。その購入した航空券の飛行機をキャンセルする場合、払戻手数量として3,000円程度がかかってしまうのです。数百円ならまだしも、千円単位でかかってしまいます。とても、もったいないですよね。

確かに、飛行機の予約をしたときは、乗るつもりでいたから、予約をしたのでしょう。航空券を購入するときだって、乗る予定でいるから、運賃として数千円から数万円を支払ったはずです。

それが、偶然にも新しい予定が入ってしまい、飛行機に乗れなくなってしまったのに、その航空券を払い戻す手数料として、3,000円程度の支払いが生じてしまうのです。
ちなみに、払戻手数量3,000円程度と言うのは国内線の場合で、国際線であるともう少し払戻手数量が生じるようです。
乗らない飛行機のために、数千円も支払うのは、バカバカしいですよ。そうならないためにも、極力キャンセルにならないように、スケジューリングをしておくことが大切でしょう。また、予約をした後に、購入期限まで時間があるときは、焦って購入する必要はありません。きちんと自分の予定を確信したうえで、航空券の料金を支払えば、キャンセルしなければいけないという状況は免れることができるのではないでしょうか。