ジェットスター 予約変更時の手数料にも注意

ジェットスター飛行機の航空券を予約後、予約を変更することもできます。例えば、帰省をするために、ジェットスター飛行機の航空券を購入したとしましょう。しかし、少し仕事が入ってしまい、帰省する日を1日遅らせるような状況もあるかと思います。そのようなときには、予約を変更することができますので、安心してください。もちろん、「1便後の飛行機に予約変更」なども、行うことができます。

たまに、予約変更が出来ないと、勘違いしている人がいるようです。せっかく購入した乗るはずだった飛行機をキャンセルして、新しく航空券を買うしかないようにも思えますが、きちんと予約変更手続きを行えば、「航空券をキャンセルする」「新しい航空券を買う」といった作業はいらないのです。

しかし、「予約を変更することができる」と言っても、適当に予約をしておくのはお勧めできません。予約変更には手数料がかかります。この手数料が、3,000円程度かかってしまうのです。

少し仕事が忙しいせいで、1便飛行機を遅らせるだけで、3,000円という費用が余分にかかってしまいます。そのため、できるだけ予約変更はしないようにしなければいけません。
以前私も、「どうせ予約変更できるから、乗れるかわからないけれど航空券を買ってしまえ」と、予定が曖昧の状態で、航空券を購入してしまったことがあります。しかし案の定、購入した乗る予定だった飛行機は乗れなくなってしまい、2便ほど遅らせたことがあります。もちろん、手数料として3,000円程度の出費が生じてしまいました。「きちんと予定を把握したうえで買っておけば無駄な出費は免れた」と勉強になった出来事でした。

ジェットスターは、主に国内各地を結ぶ、格安航空会社です。国際線も扱っており、こちらも格安価格で結んでいます。
帰省時の交通手段としてではなく、国内旅行や海外旅行に行くにも、大変便利な航空会社です。また、ビジネスとして活用する方も多いようで、出張時などには特に重宝されているようです。

上手く使えば、かなりの節約が実現できるほど、運賃は安いと定評があります。だからこそ、予約変更時に生じる手数料なども極力避けたいのです。特に、ビジネスで使う場合、予定が変わりやすく、予約変更をしなければいけない場面も出てきやすいです。
予約後に航空券を購入するまでに猶予がある場合もありますので、なるべく飛行機に乗れる予定を確立してから、購入をしたいものですね。