まとめ

ジェットスター飛行機の予約開始日は、定められていません。しかし、インターネット上からは、1年以上後にフライトする飛行機の予約をすることができます。そのため、ジェットスター飛行機は、1年前ほどまえから予約ができると言うことができます。

一般的な航空会社の飛行機を予約する場合、約2ヶ月前からしか予約をすることができないことが多いようです。そのため、ジェットスターの予約開始日は、他社に比べてとても早いということがわかります。

特に、帰省ラッシュの時期の航空券を手に入れるには、早いうちから手に入れていたいものです。その点、ジェットスター飛行機の予約は、1年も前から予約ができるわけですから、とても重宝できるのではないでしょうか。
もちろん、ビジネスの出張や、旅行などに行く場合でも、早く予約をしておいたほうが確実でしょう。ぜひ、ジェットスター飛行機の早く予約できる点を、有効活用してください。

しかし、予約を早くすることができるからこそ、注意しなければいけない点もあります。それが、「早く予約したがために、予定が狂ってしまい、飛行機に乗れなくなってしまった」ということです。せっかく、早く航空券を購入して、安心することができても、その飛行機に乗れなかったら悲しいものです。
もちろん、キャンセルをすることができ、払い戻しを行うことができます。しかし、この払い戻しの際には、手数料が発生します。この払い戻しの際の手数料が、約3,000円もかかってしまうのです。

せっかく航空券を購入しても、その飛行機に乗れないがために、3,000円余計にかかってしまう。できれば避けたい状況です。
早めに予約をするときは、極力キャンセルをしないように、スケジュールの把握などを心掛けておく必要があるでしょう。

また、乗る飛行機を変更する場合は、変更の手続きを行うことで、変更をすることができます。キャンセルをする必要はありません。

せっかく購入したジェットスター飛行機の航空券。仕事などが忙しくて、1便遅らせたり、日程を変更しなければいけない場面も出てくるでしょう。そのようなときには、変更手続きを行うようにしましょう。
しかし、変更手続きにも手数料として、約3,000円がかかります。変更するだけでも、約3,000円の出費がかさんでしまうので、できるだけ変更せずにしたいものです。